猫の誤飲(8) - ブログ 補聴器マガジン
FC2ブログ

記事一覧

猫の誤飲(8)

こんにちは!いつもブログにお越し頂きありがとうございます!そしていつも記事下のバナー等押してくださっている方、メッセージを下さる方、ありがとうございます!励みになります!今日は思ったより気温が高くて着る服のチョイスを間違えました。では、猫の誤飲シリーズ最終話です。

家に帰って来てにゃんたは緊張の糸が切れたのか、眠り続けました。ずーっと寝ました。きっと慣れない手術や入院で神経がパッチパチに張っていたんでしょう。人間の言葉が通じるわけじゃないし、「なんでこんなとこに連れて来られたん?もうお家帰れへんの?」とか、思ったと思います。寂しい思いさせてごめんよ…

625.jpeg 

626.jpeg 

2日ほどすると食欲も完全に戻り、鬼ごっこの催促をする程元気に。ってか、入院前よりなんか太ってるかも…

627.jpeg 

今回開腹手術にはいたらず、お腹を切ることもなく無事退院できましたが、それでも身近なところに危険が潜んでいることを思い知らされた出来事でした。そもそも猫の舌はざりざりしていて食べたものが絡まりやすくなっています。なのであんなに長い紐でさえも自然に体の中に入っていってしまったんや、と反省しました。なので先ず大切なことは猫の側に誤飲してしまうような物は置かない事。

628.jpeg 

そして先生曰く、犬と比べて猫は一度飲み込んでしまえば吐き出させるのは難しいとのこと。犬なら案外簡単に出せても、猫の場合は催吐剤を飲ませても出てくる確率は50%程だそうです。

629.jpeg 

何ともないと思っているようなものでも猫はオモチャにして興奮していれば食べ物でなくても飲み込んでしまう恐れも充分にあるので、(ちぎれた猫のオモチャやネックレス、輪ゴム、釘等の金属系、輪ゴム、人間の薬、紐、等)もし飲み込んでしまったらば、すぐに病院へ連れていって下さい!今回の出来事で本当に懲りました。因みにトータルでかかった治療費は約10万円弱…でした。チーン…

630.jpeg 

私とにゃんたからのお願いです。愛猫の為にどうぞ宜しくお願いします!

631.jpeg 

読者さんの方からにゃんたの写真がみたい、メッセージを頂きましたので、載せておきます!↓
20161018133346df6.jpg

201610181333444bb.jpg 

↓動物病院の近くにいた野良ちゃんです

201610181333353f9.jpg 

やはり野良ちゃんは貫禄が違いますね!

今日もブログにお越し頂きありがとうございます!
ポチッと押して頂けると励みになります!↓

スポンサーリンク

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

Comment Balloon

こんにちは!お元気ですか?コメント届いてますありがとうございます!!!
鍼灸院通われているのですね!私は個人的には凄く効果あると思います。鍼灸は。子宮辺りに針を

10/12 00:22 どなん

ブックマーク

広告

プロフィール

どなん。

Author:どなん。

Amazon

広告

ブログ村

FCカウンター

ブロとも申請フォーム

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
心と身体
174位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
病気・症状
37位
アクセスランキングを見る>>