記事一覧

耳が聞こえない猫とじいちゃんと庭(3)

広告

こんにちは!いつもブロブにお越し頂きありがとうありがとうございます!そしていつも記事下のバナー等押してくださっている方、コメントして下さる方、ありがとうございます!励みになります!返信が遅くなってすみません。m(_ _)m
昼過ぎの鳥取の震度6の地震影響で京都も揺れました。ゆっくり横揺れが10秒程続きとても怖かったです! 前回の続きです!

塔頭でいつもの手入れをしているじいちゃんのことを私はずっと使用人の人か、師の人か位に思っていたのですが、そのじいちゃんこそがそちらの住職の方であることに私は気が付きました。とある日に立派な袈裟懸け出掛けて行く所を目撃したのです。

20161019210556027.jpeg 

あまりにも静かで目立たず、黙々と手入れを怠らず、幻想的な美しさを保っているじいちゃんが実は立派なお坊さんだったとは…。普段目にするお坊さんはあまりにも現実的というか、即物的というか、所帯染みてるというか、そんな
方を見かけることが多かったので、なんというか浮世離れしているお坊さんを見かけたのは初めてのことでした。いつしか仕事の喧騒にくたびれてしまうような事があると、私はの前で立ち止まり、心を落ち着かせる為に暫くを眺めてから帰るようになりました。

201610192106493e7.jpeg

しかし、いつの間にかじいちゃんの姿を見かけることが徐々に少なくなっていき、更には新しい代替わりのお坊さん(息子ではなさそう。初めて見る顔だった)がいつの間にかそちらに住まわれていようでした。じいちゃんは、何処へ行ってしまったのだろうか。けっこう高齢にも見受けたのでもしかしたらもう、この世ににはいなくなってしまったのかも。

20161019210650dd5.jpeg 

そしてあの庭はそこそこ綺麗な庭を保ちつつも、いつかの幻想的な様は失われてしまってしまいました。猫の姿を見ることもなくなってしまいました。

20161019210651af0.jpeg 

自身の耳が聞こえにくいこともあって、なかなか「言葉」というものに重きを置いておらず、信用しきっていないからなのか、何一つ言葉を交わしていないけれどもじいちゃんからはとっても大切なことを教えて貰ったような気が、今となってはするのでした。それ何なんだ、尋ねられても、言葉ではとうて説明できないのですが。

20161019210652563.jpeg 

そして、あの頃の幻想的な庭は、もう心の中にしか存在しないのでありました。
                                              おわり

今日もブログにお越し頂きありがとうございます!
↓ポチッと押して頂けると励みになります!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

Comment Balloon

ぴよよさん、こんにちは!
犬猫動画は私もよく見ます(^O^)。動物の種類が違っても仲良しっていいですよね、私もあんなことしてみたいなぁ。犬も飼うことになればですが〜〜

12/15 13:59 どなん

ブックマーク

広告

プロフィール

どなん。

Author:どなん。

Amazon

広告

ブログ村

FCカウンター

ブロとも申請フォーム

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
心と身体
144位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
病気・症状
37位
アクセスランキングを見る>>