記事一覧

京都おススメスポット(京都タワーを見るなら編)

こんにちは!いつもブログにお越しいただきありがとうございます!そしていつも記事下のバナー等押して下さっている方、コメントを下さる方、ありがとうございます!
 今回は全然関係ない話ですが、京都おススメスポットのご紹介です。もしも京都に旅行に来られて時間があればやってみて下さい!
 おすすめ時刻は夜です。しかも夜間拝観をやっていない期間(春、秋の夜間拝観をやっている時期に来られると人が多すぎて劇的に疲れます。大人の静かな時間を味わうなら夜間拝観がやっていない時期で、お土産物屋さんが既にもう殆ど閉まっていて、人通りが殆どない夜間19時か20時から位がいいです。私は22時位にスタートします。夜道は危ないのでお友達を誘ってお出かけするのがよさそうです。(私は一人で向かいます・・・・)
 スタート地点は祇園・八坂神社位からが楽しめます。まず八坂神社にお参りをしてから、奥の円山公園へと進み、右手の出口から円山公園音楽堂、そして高台寺方面にずんずん歩いていきます。
 高台寺の前の道(ねねの道)を下り(京都語で南へ行くということ)、時間に余裕があれば石塀小路を通りぬけ、また戻って清水寺へとつながる坂道である二年坂、産寧坂の階段をガシガシ上がります。このあたりでかなり息切れがしてきます。
 因みに歩きやすい服装と運動靴でお越しください、ヒールなんかで来ると後悔します。ここでまた時間に余裕があるなら八坂の塔も見ていきましょう。
 そしていよいよ清水寺の入り口に差しかかったら、清水寺自体は閉鎖されており門が閉まってますので夜間拝観時期以外は。

 そこまで差し掛かったら、後ろを振り返りましょう!

670.jpeg
  
 京都タワーが見えます!こんなに大きくは見えません。もっと小さいですが、イメージの為ちょっと大きめに描いています。
  急な坂を登りきった安堵感と京都タワーの点灯が気持ちにリンクしてなんとも言えない気持ちになります。点灯時間は24時までらしいので消える瞬間を見るのもなかなかオツです・・・。ちょっとマニアックなカップルならドヤ顔の夜景を見るよりもこちらの方が二人だけの世界に浸れるかもしれませんね!
 十分に夜景を楽しんだら、行きとは違う道のりで坂を下るのもおススメです!
 京都に来られて、時間を持て余しているようなことがあれば是非、チャレンジしてみて下さいませ(^O^)/

今日もブログにお越しいただきありがとうございます!
↓ポチっと押していただけると励みになります!

スポンサーリンク

コメント

Re: No title

ぴよよさん、こんにちは!いつもメッセージありがとうございます!京都は「歩く街京都」と言われるくらい、その気になればけっこうどこまでも歩いてしまうんですね。そして実際に歩いて行かれると旅行本には載っていないスポットがわんさかあって発見する楽しみがあります。
 ずっと前にもうちょっと山の方を歩いていたら、作家の山村美紗さんの御宅と、その隣には「西村京太郎」と表札の上がっているおうちが・・・・。今はどうなっているのかはわかりませんが。
 京都のお寺、神社はいい季節程、観光客が多くて「行くの、や~んぴ!」となってしまうのですが、本当はそんな時ほど拝観できたらとってもきれいなんでしょうね!
 清水寺付近に美味しいおぜんざい屋さん、ありますね!湯豆腐もなんか有名なところがあるみたいですが、高そうなので入ったことありません!いつか行ってみたいです!
 これからのシーズン、市バスに乗れても降りられない位満員なので、手帳を持っていてもなるだけ乗らないようにしたいもんです・・・。
 夜の清水寺付近は静まり返っていて確かに怖いです!それでも好きな方はけっこう散歩コースにしておられたりされる方もいらっしゃいます。前に比べて外国人観光客が増えたのでもしかしたら夜も遅くまで開けているお店が増えているかもしれませんが、機会がありましたら、是非とも試してみて下さいね。晴れの日で・・・

 

No title

いいですね、京都。お寺に行くとそれぞれの説明をじっくり読んでしまうのでいくら時間があっても足りません。(笑)
清水寺のところにあるお店で、湯豆腐とぜんざいを食べたことがあります。ぜんざいは今まで食べた中で一番おいしかったです。甘すぎず、小豆がすごくきれいで。

夜ですか、ちょっと怖いような気がしますが、行ってみたいですね。これから紅葉の季節・・・・混みますね。(*´Д`)

コメントの投稿

非公開コメント

Comment Balloon

こんにちは!しまひまさんはダイレクトに阪神大震災、熊本地震まで体験されたんですね。なかなかそういう方もそうそうおられないでしょう。熊本地震は経験してませんが阪神

06/20 17:07 どなん

ブックマーク

広告

プロフィール

どなん。

Author:どなん。

Amazon

広告

ブログ村

FCカウンター

ブロとも申請フォーム

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
心と身体
104位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
病気・症状
26位
アクセスランキングを見る>>