難聴と恋愛(2) - ブログ 補聴器マガジン
FC2ブログ

記事一覧

難聴と恋愛(2)

こんにちは!いつもブログにお越しいただきありがとうございます!いつもブログにお越しいただきありがとうございます!記事下のバナー等押して下さっている方、コメント下さる方、ありがとうございます!(^O^)/

前回の続きです!


難聴と恋愛」ということですがこんな壮大なテーマで自分が記事を書けるという自信もともとさらさらありませんが、書かずにいられなかった訳は、今も何処かで昔の私と同じような思いや経験をされている方がいらっしゃるだろうなあ・・・。と思ったからです。あの頃って、同年代の友達はほんっとうに楽しそうに見えるのに(案外そうでなかったりもしますが)自分は途方に暮れていたからな・・・と。


因みに学生時代に誰かとお付き合いができた、という経験は私にはありません。思いっきり部活に打ち込んでいた、ということもありますが、部活をしていようがなんだろうが彼氏、彼女がいる学生なんて山ほどいます。そういうことが段々と出来るようになっていったのは大学に入ってからでしょうか。私は美術系の短期大学に通ってましたが、美大生は男女間の隔たりがあまりないので自然とそういう雰囲気にもなっていくことが出来ました。


732.jpeg 

私から好きになった比率と、好きになって貰った比率は大体半々です。耳が聞こえにくい、補聴器を付けていることで断られた、ということはありません。


だからと言って「そんなことで断られるなんてことは絶対ないよ!」とは言いません。私が出会っていないだけで、世の中にはそういうことを気にされる方も実際にはおられると思います。もしも難聴であるあなたが生まれ変わって完全に健康優良児で、それでも「そんなこと、関係ないさ!」と言い切れるでしょうか。今何かしらの障害を抱えていたり、そういう経験があるからこそ思えることと、何不自由なく育ってきて言えることには違いがあります。この記事で綺麗ごとを言うつもりも、勿論初めからありません。だからといって、障害者だからこの先暗いとか言いたい訳でもありません。幸せな方はたくさん、たくさん、おられるはずです。



ただ一つ言えることは、自分に何かしらの障害があったとして、自分がその障害について自分の一部であるのにまるで「こんなの私じゃない!」というようば言動をしているとすれば、相手にも同じ位に伝わります。自分がそういうことも含めて少しずつ受け入れようとなんとかかんとかしているようなら、同じように相手も同じように思ってくれると思います。

これは何も目に見える障害だけでなくて育ってきた環境とか、目に見えない心の病であるとか、自分の中で何ともしがたい感情であるとか、要は一緒だと私は思います。パッと見とても幸せそうな人に見えても、人々が見ていないところでものすごく苦労されてる方もいらっしゃいます。自分と他人は合わせ鏡のようになっているので綺麗な感情も、ものすごく汚い感情も相手に伝染します。かといって清らかな心でいればいい、という訳でもなくて人間には物凄くピュアな部分もあれば、ものっすごく汚い部分もあって、それは対です。ものすごく汚い部分だけに蓋をしたって元々自分の中にある一部なのでなくなることもありません。どのように折り合いをつけてそういうものと付き合っていくのか、という部分が大事だと思うのですが、それは即ち他人とどのように付き合っていくのか、というテーマと重なります。これに対する答えは一人ひとり違っていて当然で、やり方も千差万別になってくるでしょう。だって元々の性格が違うのだから。その人に合った答えを自分が自分で見つけるよりしょうがないです。その辺のハウツー本読む位なら経験値を積むことの方が大切だと思います。


因みに私の場合は、自分の自信のなさから「私が健常者でないから、あの人はもっと可愛くて健康なあの娘の方がいいよね!」というような嫉妬心の塊になってしまったこともあります。


733.jpeg


かといえば、好きになってくれた相手に対してこれまた自分の自信のなさを裏返しにして相手に物凄くきつく当たってしまった、というようなこともしてしまいました。


734.jpeg


難聴が原因とかそういう考え方ではなくて、どういう状態であれ他人を受け入れることは即ち自分を受け入れることであって、そういうことに失敗の原因がある、と気付いたのは数々の失敗を嫌と言う程経験してかから後のことでした。後悔だらけでした。


735.jpeg


思いやりって、大切だな。じぶんのことばかり考えていたから、相手のことを考える余裕なんてこれっぽっちもなかった。


736.jpeg


失敗の原因をちゃんと自分のせいに出来るようになたのは、本当に最近。それでもまだまだツッパってしまことも多々ある。


737.jpeg


それでも結局は「それだけたんこぶ作って少しずつでも体感できるようになったんだったら、数々の失敗も無駄ではなかったんでないの」と思うよりしょうがない。本当に同じ失敗、メッチャしたなあ。


738.jpeg


もしもタイムマシーンがあって、あの頃の自分に会いに行けることができたとしたら・・・


739.jpeg



「今しかできないことをしろよ!命短し恋せよ乙女やで!」と私は私にエールを送りたい。


今日もブログにお越しいただきありがとうございます!

↓ポチっと押していただけると励みになります!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

<恋愛中の方にお勧めの本>

・幸せな気持ちになりたい方に 佐野洋子「コッコロから」



・切ない感情に浸りたい方に 嶽本野ばら「ミシン」



・かの有名な永六輔さんの作品! 永六輔「一人ぼっちの二人」



・恋愛のことはゲイに学べ! 新宿二丁目のほがらかな人々

スポンサーリンク

コメント

Re: No title

ぴよよさん、こんにちは!いつもコメントありがとうございます!
私の場合、現在の旦那さんは何も気にしていないようです。元々声が小さい人でしたが、私と話すときはかなり大きな声で話してくれるようになりました。これはもう相手に感謝するしかないですね。葛藤は特にありませんでした。

昔はそれこそ葛藤の塊でしたが、「考えていてもしょうがないな、実際にやってみるか」と、友達に言ってみたり、好きな人に言ってみたりしていると、頭の中で考えていたほど難しいことではない、と行動に移してみて初めてわかりました。自分の頭の中で「そんなこと、できっこない!」と思っていた時の方が、よっぽど苦しかったかなあ。というような感じです。それでも慣れるのに長い年月かかりましたけど。

障害を受け入れるのは、本当にそうなった人でしか分からない苦しみはあると思います。どんなことでも、自分にとって受け入れがたいことを受け入れるのは本当に勇気がいりますしね。無理に頑張る必要はないと思いますよ。今の出来ることだけで、いいんじゃないでしょうか。いずれはそういう時がくるさ・・・位で、無理なら無理!って思っていていいと思います。その方が正直で重荷にもならないし。

東京五輪の体操に出場した選手の方の仰っていることはきっと本当にご自身の経験から生まれたのでしょうね。おそらくとても苦労されたでしょうし、ぴよよさんや私と同じように葛藤がたくさんあったでしょうね。
私も障害で離れていくような人は友達ではないかな、とは思いますが、友達自体も、本当に本音を話せるような人に出会えるのは、数えられるほどしかいません。それでも、そんなもんかな、とも思います。マッサージ屋さんで話を聞いてくれた方はきっと、ぴよよさんにとって心を打ち明けられるような素敵な方だったから、ぴよよさんも自然に話してしまったんでしょう。それこそその出会いに感謝するのがいいんじゃないですか!ぴよよさんの気持ちが少しでも軽くなったんだから!

因みに私の場合、開き直れるようになるまでには、徹底的にうじうじ落ち込みました。結果、その方が回復も早いと分かりました。気分が乗らなかったら本当に底の底まで一回落ちてみてから、ゆっくり考えればよく言いますけど、後は上がるだけだから、気楽になれますよ~~(^O^)/


No title

どなんさんの旦那様もそのままのどなんさんを受け入れてくれたのですよね。どなんさんに何か葛藤はありましたか?

補聴器をつけ始めたころすごく落ち込んでいろいろ悩んでいました。その時始めていったマッサージのお店で年配のおじさんがすごく話しやすくてついつい難聴の愚痴を言ってしまったんです。そうしたら「そんなことで離れていくような人がいるなら友達じゃないよ。障害なんて関係ないよ」と言ってくださいました。ちょっと落ち着きました。

すべての人に受け入れてもらうのは無理だけど、自分も障害を受け入れなきゃいけないと私も思います。

今日の新聞で、東京五輪の体操に出場した選手のことが載っていました。出産後に五輪に出たのですが腹筋がまったくなくなり出産前に戻るまでかなり大変だったそうです。「やってできなければそれでいい、でもやらないでできないとは言えない」と言っていました。引退後は国会議員としても活躍したそうです。
その言葉にはっとさせられました。聞こえないからと最初からあきらめることも多かったのですが、いろいろやれるだけ挑戦してみようと思います。

コメントの投稿

非公開コメント

Comment Balloon

こんにちは!お元気ですか?コメント届いてますありがとうございます!!!
鍼灸院通われているのですね!私は個人的には凄く効果あると思います。鍼灸は。子宮辺りに針を

10/12 00:22 どなん

ブックマーク

広告

プロフィール

どなん。

Author:どなん。

Amazon

広告

ブログ村

FCカウンター

ブロとも申請フォーム

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
心と身体
174位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
病気・症状
37位
アクセスランキングを見る>>