勝手に!補聴器カタログ解説 ミミー補聴器編(ミミーME-142) - ブログ 補聴器マガジン
FC2ブログ

記事一覧

勝手に!補聴器カタログ解説 ミミー補聴器編(ミミーME-142)

こんにちは!いつもブログにお越しいただきありがとうございます!今日の京都はとても寒いです!こたつを出しました!猫が大喜びです!出てきません。
いつもコメント下さったり、バナー押して下さる方、本当にありがとうございます!(^O^)/

今回から始まりました、勝手に補聴器カタログ解説、第一弾です!分厚いのは読むのに時間が掛かるので、カタログの薄いやつから始めていこうと思います。

今回はミミー電子株式会社の製品であるミミー補聴器の中の「ミミー ME-
142」という商品です。カタログはこんな感じ↓

IMG_4497.jpg 

商品の写真はこんな感じ↓

11092.jpg 

ん??これって、集音器??
そういや、補聴器と集音器の違いって、なんなんやろ。
と思い調べてみましたところ・・・

757.jpeg

補聴器→「補聴器」という名称で販売されている製品は、補聴器メーカーが厚生労働省に申請し、正式に医療機器と認定されているものだけだそうです。更に薬事法で定められた管理医療機器として指定されているため、効果や安全性などについて一定の基準をクリアする必要があり、個別の製品ごとに正式な認定を受けなければ製品販売できないことになっている。=効果や安全性、信頼性が確立されている。

・集音器・助聴器→医療機器ではない。=効果や安全性、信頼性が確立されていない。

ざっと大まかにまとめるとこんな感じです。今日初めて知りました。そうなんや。集音器とかは医療機器ではないんや・・・・。こんなこと今まで知らなかったわ・・・。因みに「ミミー補聴器 ミミーME-142」=ポケット型の補聴器(医療機器である)ということになりますね!他にも耳穴式の補聴器なども販売されているようです。

でも、こういうのって、ちゃんと説明受けなければ、間違って医療機器でないメーカーの製品を買ってしまったりする可能性は出てきそうですね・・・。注意が必要です。


私の第一印象は「小型ラジオみたいやなあ」でした。よく競馬場とかでこういうおっちゃん、いはりますよね。端から見ればラジオ聞いている人に見えますね。補聴器だとは思いませんね。私なら。

本体からコードがつながっていてそれを片耳に入れるということなのかな。両耳イヤホンがあるのかな。写真を見る限りでは分かりません。そして音量調節のダイヤルらしきものが二つほどついています。


754.jpeg


カタログの特徴を見てみると・・・

・周囲に雑音があるときには調整ツマミを回すと話がよく分かるところにします。(←感度を変えられるってことかな?)

・キンキンする不快音や新聞を広げる音などをやわらかくします。(←これは重要です。嬉しいですね)

・鼓膜がなくても使えます(←エッ!それってどういうこと?これ以上の説明がないので分からない)

・磁気ループ装置が設置されている場所では、切り替えスイッチの操作で講演者の声もよく聞き取れます。(←これもよく分からない。Bluetooth機能のことか? 今度調べときます)


と記載されています。カッコ内は自身の感想です。昔のやつと違ってだいぶん使いやすそうになってますね。一度お試しで使ってみたいな。


755.jpeg


対応聴力は、軽度から中等度を中心。高度難聴の初期にも使えるそうです。対応周波数は200~4800Hz。使用電池は単三乾電池一本で約100時間。アルカリ電池なら約200時間。けっこう持ちますね。そして一年間無償保証つきです。

 

758.jpeg


高齢難聴のおじいちゃんやおばあちゃんにはこういうやつの方が使いやすいかもしれませんね。私のおばあちゃんも使ってるけど多分、こんなにいいやつではないだろうな。今度プレゼントしようかな。


という訳で今回はミミー電子株式会社さんのミミー補聴器「ミミー ME-142」のカタログ解説でした!

次回は同じくミミー電子株式会社さんのミミー補聴器の「ビオラ  ME-143」という商品のカタログ解説をしていきたいと思います。前者の価格は14800円となっていますが、ビオラ  ME-143は32600円と二倍以上のお値段です。一体どこが違うのでしょうか・・・・。乞うご期待。


今日もブログにお越しいただきありがとうございます!

↓ポチっと押していただけると励みになります!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

Comment Balloon

こんにちは!お元気ですか?コメント届いてますありがとうございます!!!
鍼灸院通われているのですね!私は個人的には凄く効果あると思います。鍼灸は。子宮辺りに針を

10/12 00:22 どなん

ブックマーク

広告

プロフィール

どなん。

Author:どなん。

Amazon

広告

ブログ村

FCカウンター

ブロとも申請フォーム

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
心と身体
174位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
病気・症状
37位
アクセスランキングを見る>>