記事一覧

補聴器のハウリングが辛い!(2)

広告

こんにちは!いつもブログにお越しいただきありがとうございます!寒くなったかと思えば暖かくなったりで体温調節が難しいですね。昨日思いっきり着込んでしまい大失敗しました。京都の今日は降ったりやんだりな天気です。今年の紅葉はなんとなく例年より綺麗に見えるような気もします。前回の続きです!

補聴器ハウリングとても気になるので、一度補聴器屋さんへ行った際にHさんに「ハウリング機能、外せないんですか」尋ねたことがありますが「それは…ちょっと…」というお返事でした。その頃まで私はハウリングというのは、補聴器が外れそうになっているのをお知らせする為の機能だと思っていたのです。確かに外れそうになっている時に自分が気付いてなければ(何かに熱中していて気付かない時もある)「ありがとう。お知らせしてくれて」と思いますが、元々ハウリングというのは現象なので、ハウリングそのものをなくす、ということは不可能だろうと思います。

2016111417005981c.jpeg 

補聴器のシェル(外殻の部分)の部分は硬いので、耳穴に入れ込んで耳の穴の形が変形した時にシェル自体は形は変わりません。故に耳穴と補聴器の間に隙間ができてしまって、そこから一旦補聴器が増幅した音が再び外に漏れて、またその漏れた音を補聴器が拾って、更に増幅される…という事でしょうから、隙間が埋まらない限りハウリングは解消しないって事になりますね。でも日常生活を送っていれば様々なシーンがありますし、耳穴の形が変わるような体の動きもあるでしょうしね。そんなに大人しくなんてしてられません。

20161114165945c13.jpeg 

因みに私は自身で耳たぶを押さえる、という動作も殆どしません。ハウリングするのが分かっているからです。誰か親しい人が近寄ってきて顔の距離が近くなると防衛反応が生じて顔を遠ざけていると思います。相手にもピーピー音が聞こえてしまったら嫌なので。もしかしたら補聴器をつけているという事で淡白な性格になってしまったのかもしれない…。あくまで想像ですが。

まあ、それでもハウリングが起こる事はしょうがないとして…

20161114165947dd0.jpeg 

もうちょっとあの「ピー!!!!」という音の質さえ変わってくれればなあ。

例えばちょっと間抜けな「ぷぽぽぽぽ」という音が鳴るとか、

20161114165947228.jpeg 

ハウリングが起こった際に音声機能に切り替わるとか。関西なら
「外れかかってまっせ!」とか。
四国なら「外れそうじゃけん」「耳穴の形変わっとるけん」とか。
和歌山なら「外れそうやよう…」「おかしなことになっとるよう…」とか。
博多弁なら「どげんしたと?」と音声が流れるとか…

20161114165949f84.jpeg 

なんしかあの救急車のよな、サイレンが鳴っているような音が嫌なのです。ビクッツ!!とします。まるで自分が悪い事をしてしまっかのような…。

20161114165950722.jpeg 

もしくはいつか補聴器のシェル部分が耳穴に入ってからは多少の耳穴の形状の変化にも対応してくれるような、形状が変化するようなのが開発されるとか…。
と、私は夢見ているのです。

20161114170058b38.jpeg 

この記事を読んでおられる方の中に、補聴器の技術開発に関わってらっしゃ方がおられましたら、是非ともそんな夢のような開発をして下さい!
よろしくお願いします!

今日もブログにお越しいただきありがとうございます!
↓ポチッと押して頂けると励みになります!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

Comment Balloon

こんにちは!あん食、美味しかったですよ〜〜( ^ω^ )。ただし、食べ過ぎました…笑笑。あの大きさはちょっと「多いかなぁ〜〜」と思いましたが、パクパク食べてしまいますね

09/18 19:26 どなん

ブックマーク

広告

プロフィール

どなん。

Author:どなん。

広告

ブログ村

FCカウンター

ブロとも申請フォーム

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
心と身体
376位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
病気・症状
112位
アクセスランキングを見る>>