記事一覧

津波警報は聞こえない⁉

こんにちは!いつもブログにお越しいただきありがとうございます!めっきり寒くなってきましたね。もう11月も下旬なんですね。年賀状、はよ作らんと・・・。まだ来年の年賀状のデザインが決まってません。通常なら年賀状のアイデアの神様がいきなり降りてきて、「こうや!!」と決まることが多いのですが、今年は神様が降りてこられません。どんなんにしよう、と迷っています。

今回は11月22日に起こった東北の地震について、思ったことです。

朝起きると、スマホの画面に地震警報がズラッと並んでいました。

818.jpeg

私は京都に住んでいるので、揺れは感じなかったですが、5年前の東北地震の記憶が蘇って、急いで自宅のテレビを付けると、どこのチャンネルでも画面に「非難して下さい!」「津波が来ます!」「にげて!」等、大きな文字で画面に映っていました。この辺りのテレビの対応はとても早く、以前の地震の経験と反省が活かされているな・・と感じました。

そして福島第二原発の 冷却設備が一時停止した、との放送が流れ、背筋が凍りました。

819.jpeg 

すみません、イラストは「福島第一原発」になってます。間違えました。
冷却設備は、わりかし早く復旧したので安心しましたが、気が気でありませんでした。こういうこと考えると、やっぱり、原子力発電って、怖いなあ・・・。

そして、東北の皆さんが非難されている姿をテレビで見て、こんな風に思ったのでした。

820.jpeg

今回の地震は朝方だったので、補聴器を外して寝ている私はスマホの警報音が全く聞こえなかったのでした。
この「寝ている時間帯」というのは、難聴者にとって災害の魔の時間帯となるな・・・と。まだ起きている時間帯で、補聴器を付けていればなんとかなったのかもしれませんが、仮に私が東北に住んでいたとして、たまたま一人で寝ていて、たくさんの避難警報が流れても絶対気付かないでしょう。
「その前に地震で気付くやろ」ということもあるでしょうが、地震でなければ(竜巻警報とか)もっと気付かないでしょう。

821.jpeg

その間に他の近所の方達は、とっくに避難しているのに、私は悠長に寝ているのでしょう。どれだけ警報が鳴っても気付かなければ。

822.jpeg

そんなことをしている間にも津波はどんどん押し寄せてきていて・・・

823.jpeg 
逃げ遅れて・・・・

824.jpeg

津波に呑まれてしまうんやろうな・・・・と。

まだ、私一人が津波に呑まれてしまうなら、しょうがないとして、例えば近くに住んでいる家族が、私が警報が聞こえていないだろう、と気遣ってくれて、呼びに来てくれた家族も逃げ遅れて津波に呑まれてしまう、ということも考えられます。  そうなると、もっと悔やまれます。

そして実際に、5年前の地震でも、同じようなことは起こったのではないのでしょうか。私はそう思います。

難聴者にとって、避難警報は聞こえません。視覚障害の方ならば、外で警報が鳴れば、なんとか逃げ出そうとすることは出来るでしょう。聴導犬とかがいない限りは、逃げ遅れる難聴者は多いのではないか、何かいい対策はないのかしら・・・と今回の地震で考えさせられたのでした。

825.jpeg 

難聴者避難警報」で検索してみましたが、今のところ、パッとした感じの情報は得られませんでした。地震大国、日本。その為にもこれから難聴者も気付きやすい避難警報の開発を、どうぞ、宜しくお願い致します!!!

今日もブログにお越しいただきありがとうございます!
↓猫の顔をポチっとして頂けると励みになります!!よろしくお願い致します。(^O^)/   
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

Comment Balloon

どなんさん、無事で良かったです! 昨日はJRと阪急京都線がずっと不通だったようで、交通の混乱に加えて停電・断水もあったそうで、関西のみなさんはさぞ大変な思いをさ

06/19 17:45 しまひま

ブックマーク

広告

プロフィール

どなん。

Author:どなん。

Amazon

広告

ブログ村

FCカウンター

ブロとも申請フォーム

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
心と身体
92位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
病気・症状
21位
アクセスランキングを見る>>