記事一覧

難聴と認知症(2)

広告

こんにちは!いつもブログにお越しいただきありがとうございます!(^O^)/
寒いですね~~。今日の晩御飯は温まるように、釜揚げうどんです!でかい鍋で茹でただけなんですけどね・・・・。

では、今日の更新です。どうぞ!


補聴器屋さんで難聴と認知症は関りがある、という事実を聞き、ショックを受けました。
では、難聴と認知症はどういう風に関連しているのでしょうか。補聴器メーカー、「SIEMENS」のカタログより調べて、簡単にまとめてみました。

・聴力の低下により、会話を理解するのにかなりの集中力を要する。
・脳に余分な負担がかかる
・アルツハイマーにつながる

といった感じです。かなり簡単にまとめましたが。
確かに聞こえにくい時、私もすごく集中力を消費しているような感じは常にあります。家に帰ってからやたら疲れて寝込んでしまったりすることも。

1121.jpeg

ただ、Hさんの説明はこういう言い方ではありませんでした。
どういう説明だったかというと・・・・
「普段何気なく耳に入ってくる物音、何とも思ってないようでも、その音で脳みそはけっこう刺激で活発に動いている。難聴によって音が入らなくなることによって、脳にとっての刺激が減る、ということは、脳の働きが鈍ってしまう。歩かないと歩けなくなるように、使わない部分が退行していってしまう」
というような説明でした。
1115.jpeg

 ↑カタログの説明とは違っているように思えますが、見方といい方が違っているだけであって結果的には同じようなことです。要は脳の働きのバランスが崩れることに原因があるのだ、ということだと私は思います。(きっちり勉強した訳ではないので断言はできませんが)

Hさんもこの話を聞いてとても怖くなったそうです。
昔は耳鼻科の先生は難聴と認知症の関係について調べるような人は殆どいなかったものの、最近になって研究もだいぶ進んでいる様子。
だから最近になってそういったポスターを見かけるようになった、ということですね。
1119.jpeg 

自分にとってかなり耳に痛い言葉でした。
難聴は基本的に徐々に聴力は落ちていくものです。
しかも聴力の低下に比例して認知症のリスクも上がっていく、という難聴者にとってはとても恐ろしい現実。
1122.jpeg

その時、私はふと疑問が思い浮かびました。
1120.jpeg

一つ、腑に落ちない点がありました。
それは、難聴が進むと認知症のリスクが上がるのなら、生まれつき殆ど聞こえ人達は、皆、認知症になるということなのか????
私が2年前に研修に行かさせて頂いた難聴の高齢者ばかりが入所している高齢施設では (詳しくはこちら→「会話のキャッチボール(1)」「会話のキャッチボール(2)」) ・・・・・
1123.jpeg

殆どの方が手話で会話をされていました。
そして、私が普段働いている利用者さんに比べ(程度にもよるが、一日中ボーっと過ごしていたり、何か違う世界が見えているのか、話が通じない方が多い)
1124.jpeg

 とても活発で、相手の手話を理解しなければならないこともあるでしょうが、皆、目がぱっちりと開いていて、私から見てもとても認知症には思えませんでした。多少認知症がある方もおられるでしょうが、普段私の職場に比べて明らかに元気でした。
1125.jpeg

「聞こえにくいほど認知症のリスクが高まるのなら、私が研修に行った聴覚障害者の高齢施設のおじいちゃん、おばあちゃんの方が、私が普段働いている殆ど難聴の高齢者がいない職場に比べてとても元気で、認知症にはみえませんでしたよ。それって一体どういうことなんですか?????それじゃあ、理屈が通りませんよ。その理論で言ったら、聴覚障害のある高齢施設の利用者さんの方がもっと、認知症になっている、ということでしょう?????」

1131.jpeg

私は、Hさんに尋ねました。     続きます!!!!

今日のにゃんた↓「にゃんたく~~~ん」、「は~~い!!」
写真 2017-01-17 17 24 07

今日もブログにお越しいただきありがとうございます!(^O^)/
にゃんこの顔をポチっと押して頂けると励みになります! 
ブログランキング・にほんブログ村へ

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

Comment Balloon

こんにちは!ありがとうございます😊!
また生えてました、現在かかってる先生曰く「フツー、こんなに早く生えてこないけどね…」らしいです。こないだの手術で取れてなかっ

11/20 16:56 どなん

ブックマーク

広告

プロフィール

どなん。

Author:どなん。

Amazon

広告

ブログ村

FCカウンター

ブロとも申請フォーム

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
心と身体
199位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
病気・症状
60位
アクセスランキングを見る>>