難聴と認知症(4) - ブログ 補聴器マガジン
FC2ブログ

記事一覧

難聴と認知症(4)

こんにちは!いつもブログにお越しいただきありがとうございます!(^O^)/
今朝はちょっと暖かかったです。でもまた週末辺りから雲行き怪しくなりそうですね~。又、雪降るのかしら・・・・。
関係ない話ですが、パソコンで文字入力する際、私はとても打ち間違いが多く、スピードも遅いのですが、めっちゃ早く正確に打てるようになるにはどうすれば良いのでしょうか。ブログ初めて毎日位文字入力してますが、一向に上達しません。ブラインドタッチも出来ません。どなたか、教えてください"(-""-)"

では、難聴と認知症シリーズ最終章です。どうぞ!


今回難聴と認知症の関連をHさんに教えていただき、気になることが一つ。
1137.jpeg 
「じゃあ、私の補聴器の出力も今は抑えめにしてもらっているけど、本当はもっと音入れてもらった方がいいんですか??」
新しく補聴器を購入してから今の調整でも以前の補聴器に比べたらだいぶ聞こえは改善されたからそれでいいものと思っていました。「何もちょっとうるさいと思いながら毎日過ごすこともないんじゃないかなあ」と。
1138.jpeg 
私の場合は「本来ならこれ位音を入れた方がいいだろう」という基準よりも3段階程下げて貰っています。元々私もあまりやかましいのは好きではありません。でももし私が難聴じゃなくって健聴者と同じように聞こえていたのなら、その聞こえに対して「うるさいなあ」とは思わないでしょう。聞こえないから、急に補聴器で音が増幅されるから「うるさい」と感じるのだろうし。
しっかり音を入れて貰っている状況に慣れれたら、大丈夫なのかなあ。
慣れれるのだろうか・・・・。

Hさん:「本当はね。その方が脳にとってはいい。でも急にやるとしんどいだろうから、徐々にステップアップしていこう」
1139.jpeg

私 :「はい!」
そうか。今は補聴器が調整できる時代なのだ。もう少し前ならそういうことも出来なかったかもしれないんだし。補聴器の技術は確実に上がっているのだから、研究してくれた人に感謝してステップアップしよう。
1140.jpeg 
今の私に出来ることをしよう。
放っておかないこと。専門家に教えてもらうこと。
1141.jpeg

余談ですが、認知症になりやすいのは男性だそうです。女性はなんだかんだ言って社会とつながりを持つために情報交換し合ったりしますし、何か目的があって外出したりすることでだいぶ脳にはいいそうです。
たとえ聞こえないとしても聞こえないなりにコミュニケーションをとる方法はあるし、手話が使えなくても自分にとっての方法はあるのではないか、と思っています。因みに私は猫を飼っていますが、猫と触れ合うだけでもだいぶ役に立っているのでは、と思っています。何も人間に限らず、です。

私のおばあちゃんは高齢難聴ですが一向に認知症ではありません。いまのところ。おばあちゃんは毎日非常にマメに動いています。漬物をこしらえたり、畑に行って野菜を取ってきたり、自分が食べる分のご飯は自分で作ったりと、なんやかんや忙しそうです。そういう生活習慣が役に立っていると感じます。

聞こえないことで負のループに陥らないことが大切ですね。
1142.jpeg

難聴と認知症について詳しく知りたい方は、下のパンフレットが分かりやすいです。タダでもらえると思いますので置いてある補聴器屋さんでくれると思います。認知症の他、転倒のリスクや糖尿病、脳心血管障害等の関連も搭載されていますので、是非!
「難聴と様々な病気との関連性」SIEMENSのパンフレットです。
写真 2017-01-19 18 20 10  


今日もブログにお越しいただきありがとうございます!

今日のにゃんた↓「やっぱ、こたつやで!」
写真 2017-01-19 18 46 18 
にゃんこの顔をポチっと押して頂けると励みになります(^O^)/
ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーリンク

コメント

Re: No title

すみません、mome さんがmomaさんになっていました。
失礼しました!!<m(__)m>

Re: No title

mome さん、初めましてこんにちは!いつもありがとうございます!

義母様の数年前からの聞こえづらさが認知症と関連しているのは明らかでしょうね。
きっと、義母様も、とても心苦しい経験も少しずつ増えてきているでしょうし、誰かに言えない気持ちが胸の中に潜んでいることを想像してしまいます。

momaさんが仰る様に難聴が単純に原因だ、ということではなく、難聴から認知症のループに陥りやすい、ということだと、私も思います。人の性格によっては認知症になりにくい方もおられるでしょうが、元々お喋りなどで日々の楽しみを味わっていたような方にとっては、難聴によって顔の表情さえ変わっていってしまうのでは・・・と、思われます。

私は普段高齢者施設で、認知症の方と接していますが、認知症というのはつくづく「自尊心」や「プライド」といったものが傷付けられるなあ、と思わずにはいられません。日にちを重ねるにつれて挫折の大きさが大きくなっていくもので、本人にとっては言いようのない苦しみをお持ちでしょう。トイレの場所が分からない、尿意が分からない、ご飯の食べ方を忘れる、職員の話している意味が分からない・・・・といった具合です。

難聴である私も聞こえない、ということに関しては子供の頃から挫折感というものはしょっしゅうでしたが、義母様のお気持ちもとてもよく分かるのです。ただ、その入り口から認知症への階段を降りていけれる心境もとても共感できるものもあります。
それならいっそ、ご近所の人たちの関りを減らしてでも、ご自身のプライドが傷つかな方法を・・・と思ったりもしますがそういう負のループが認知症へ進んでいくでしょうから・・と考えると「じゃあ、私はどうすればいいのよ!」と義母様も憤慨されるかもしれません。

歳をとることはそれなりに出来ないことが増えていってしまうものでしょうけれど、少しでも義母様の心の負担が減ってくれるような方法が何か、見つかるといいですね。

No title

どなんさんこんにちは、はじめまして。
いつも、とても興味深くブログを拝読させていただいています。

今回の、認知症と聞こえの問題について、ちょうどお正月にこのような話を家族でしていたので、頷きながら読んでいました。

義母が数年前から加齢によって、聞こえづらくなっているのですが、同じく加齢から物忘れというか、認知症とはまだ言えないかもしれませんが、時々、あれ?と思うことが少しずつ増えていました。

そんな中、去年の春に義母が我が家に来てくれたのですが、会話をほとんど拾わなくなっていることに気づきました。
自分が興味があって投げたことには反応するのですが、特に興味のない話題は、本当に聞こえていないかのように記憶しないんです。
会話の取捨選択を瞬時にしているというか・・。

そしてこのお正月に主人が帰省してみると、そういうことがご近所づきあいの中でも多々あるようで、何を言っているかわからなくても、あいまいに笑ってその場をやり過ごすことが多くみられたようです。
その積み重ねが、どなんさんのおっしゃるように、思考することを遠ざけるのと同時に脳の刺激を妨げているように感じられ、認知症のような症状が加速しているように思えます。
単純に、難聴だから、ということではないのでしょうね。

Re: No title

てんさんへ
こんにちは!初めまして(^O^)/いつもブログにお越しいただき、ありがとうございます!
てんさんのお気持ち、お察しします!

補聴器を付けることを嫌がられる方が圧倒的に多いとは思いますが、そんな中でも補聴器を付けることを決心されたことがとてもカッコイイと私は思います!お友達の気持ちもよく分かりますが、これだけは実際になってみないと分からない複雑な心境があるものです。あまり気にしないように、日常が過ごしやすくなられますように・・・・・。

私ももしかしたら、仕事をしなくて済むような環境に生まれ育ったなら、補聴器も付けていないかもしれないな・・・と思うことがあります。つける理由の殆どを占めるのが、仕事で支障が減ってくれたら・・・ということです。やはり周りは聞こえる人たちばかりですから「遅れをとってしまっては、いけない!」とか、そういう気負いがあったのだと思います。
今はだいぶそこまで気負うこともなくなりましたが・・・・。

確かに補聴器にも限界はありますよね。完璧は、不可能でも補聴器を付けてそれなりに過ごしていれば、時間が経って、周りの同僚やお友達もきっと分かってくれると思いますよ(^O^)/!

愚痴上等!です!こういうところでしか吐き出せないようなこと、たくさんありますから。やはり聞こえる人に聞いてもらっても、実感が沸かないでしょうしね。たくさんの愚痴、お待ちしております!

にゃんたは癒しです!猫love(。・ω・。)ノ♡!

今日はお便り、本当にありがとうございました(^O^)/では、また!

No title

初めまして、こんにちわ。
去年秋頃よりこちらを覗かせていただいてました。
とても参考になるお話や共感できる事、そして私だけじゃない!と勇気をもらっています。
私はまだ軽度難聴ですが、まさしく「難聴と脳の呆け」の話をネットで見て、去年の6月に補聴器デビューしました。
まだまだ現役で健聴者と共に仕事をしないといけないので聞こえにくさより呆けてはいかん!という思いからでした。
友達に補聴器デビューした事、でも聞き取れない事を話すと、「私だったらまだ裸耳で頑張るかなぁ~」って言われたけど。
難聴だけでも辛いと思う事が多いのに、これに認知症になったらどうなってしまうんだろうって少し怖いですから。
去年までは補聴器の聞こえに慣れて健聴者と同じくらい聞き取れるようになるんだ!って思っていましたが、最近は自分の聞き取り能力と補聴器の限界を受け止めなければと思い始めてきました。
あっ。長々と…すみません。愚痴になってしまいました。m(__)m

とにかく、凹むこともしょっちゅうだけど、ここで勇気と安心と知識をもらっています。
これからも覗かせていただきます!よろしくお願いします。

PS…にゃんたちゃん可愛いですね。私も猫大好きで数年前まで飼ってました=^_^=

Re: No title

声が大きくたって、いいじゃないですかねぇ!
と、私は思いますが笑
恥ずかしいって、同じ境遇になればそんなことよう言えませんよ、と、私はその人に言いたい!!!です。

もっと補聴器に補助金が出る世の中になって欲しいものです。そうすれば働き手としてのパワーも格段にアップして雇用に繋がると思うのですがね…!

かく言う私も本当はこもりたい派です。
昔からの経験上、そうなってしまうのはやむを得ないと思っちゃいます

No title

こんばんは、
そうですね、人と関わりあうことが一番大事ですね。でも何回も聞き返すのは悪いとどうしても思ってしまって、なるべく関わらないようにしようとも思ってしまいます。
いつもはお弁当ですが、たまにお店で食べるとき私と一緒だと声が大きくなるから恥ずかしいとか言われたりするとへこんでしまいます。なかなか難しいです。

ここは頑張っていちばんいい補聴器を買うしかないかな(*´Д`)

コメントの投稿

非公開コメント

Comment Balloon

こんにちは!お元気ですか?コメント届いてますありがとうございます!!!
鍼灸院通われているのですね!私は個人的には凄く効果あると思います。鍼灸は。子宮辺りに針を

10/12 00:22 どなん

ブックマーク

広告

プロフィール

どなん。

Author:どなん。

Amazon

広告

ブログ村

FCカウンター

ブロとも申請フォーム

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
心と身体
113位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
病気・症状
26位
アクセスランキングを見る>>