記事一覧

変なところで感じる、難聴と健聴の差

広告

こんにちは!いつもブログにお越しいただきありがとうございます!(^O^)/
今日も寒いですね~~。パソコンで文字入力していても手がかじかみます!
何故か今無性にカップヌードルが食べたいです!やっぱりカップ麺はカップヌードルか、凄麺シリーズです!
では今日の更新です。どうぞ!

前前前回の記事で「難聴と認知症」の関係性について、補聴器屋さんで色々教えて頂き、「そうだ、職場の皆にもこのパンフレットを読んでもらおう」と思い立ち、Hさんにパンフレットを何部か貰って帰りました。
1179.jpeg

私が働いている職場は、お年寄りの人たちの生活のあれこれをお手伝いする 施設なのですが、難聴のおじいちゃん、おばあちゃんがいらっしゃっても、殆どの人が補聴器を付けていません。「この年になったら、もういいやろう」と本人もご家族の方々も思ってしまいがちなのかな・・・と思い、先ずは職場の職員さんたちに理解を深めて頂こう、と思い立ったからでした。
1180.jpeg
 
翌日、早速職場の上長さんが通りかかられたときに
1181.jpeg

難聴と認知症の関係性を簡潔に説明し、「他の職員さんにも知って欲しいので、是非このパンフレットをどうぞ!」と言って渡しました。
1182.jpeg

上長さんはパンフレットをめくりながら、「補聴器かぁ~~。もう少し目立たなかったらええのになあ。あと、耳の後ろがかぶれたりしなければなぁ・・・」
上長さんの一言で初めて知りましたが、耳かけ式は耳裏がかぶれやすいのですか?どなたか教えてください。
1183.jpeg

上長さんはないやら独り言をぶつぶつ言った後に
「わかりました~~。ま、補聴器の営業ってことやね」
と言い残し去っていきました。パンフレットは受け取っていただいたのですが・・・・・・
1184.jpeg

「エッ!!!?」
1185.jpeg

 
あまりに想定外の返事が返ってきたので、暫くボーゼンとしていまいました。
「ほんならなにか、私が高齢者のお年寄りの方々に補聴器を買ってもらおうと営業をかけているとでも思ってらっしゃるというのか?・・・・。」
1186.jpeg
 
というか、高齢施設に従事している人の言う台詞じゃないやろ・・・。
と、後々になって半分あきれも入ってしまいました。それとも私の言い方が悪かったんだろうか・・・。
他の職員さんに同じようなことを伝えても似たような返事は返ってきたであろうか。
何も「補聴器が絶対必要ですよ!」という宣伝をしたかったわけではなく、介護職員として知識を深めてほしかっただけなのですが・・・・
1187.jpeg
 
補聴器をしていない人々からすると(というか、殆どの人が補聴器をしていませんが。私達が少数派なのだけれど)補聴器の理解って、そんなもんなんや・・・・。怒りを通り越して、変なところで「これが現状か・・・・」という現実を感じてしまった。
1188.jpeg
 
難聴と健聴の間には、大きな大きな溝があるのかな・・・・。
きっと上長さんも、何も悪気なく言った一言であるかもしれませんが、補聴器の認知度って、そんなものなのね・・・・。けっこうショック。
加えて「私が健聴者だったら、どのように思ったんだろう・・・」
この答えは出ないんだけれど・・・・。
1189.jpeg


この機会にとても考えさせられたこともあって、「どのような言い方が良かったんだろう」ということを今でもよく思います。
目的が同じでも言い方ひとつで本当に相手の反応って変わりますからね。
その辺は、上手にならんとあかんのやろうなぁ・・・、と思い知った出来事でした。 

今日もブログにお越しいただきありがとうございます!(^O^)/

今日のにゃんた↓「遊ぶ・・・・やろ?」
写真 2017-01-25 17 39 25 

にゃんこの顔をポチっと押して頂けると励みになります(^O^)/
ブログランキング・にほんブログ村へ

広告

コメント

Re: No title

てんさんこんにちは!
一般の人たちが補聴器に興味を持ってくれるのにどうすれば良いのか、私も地味に模索中です。とびっきりカッコイイ補聴器が発売されたりするとけこう道のりは早いような気もしますが、まあ、難しいでしょうね・・・

障害年金の申請で私も途中になっていますが(途中で6級では申請しても貰えないだろうな・・・と、思う様になってきた)
まず年金事務所に行けば、大体の詳しいことは教えてもらえます。
てんさんの文章を見る限りだと、おそらくA病院なのかな・・・と私は考えますが、「難聴と初めて診断された病院」ということにおそらくなっているはずだと思うのです。私も病院を転々としていますのでややこしかったです。
年金事務所でもその辺のことを聞いてみるよりも普段かかりつけの耳鼻科の先生に相談されるのがいいかと思われます。私は相談したところいっちゃんはじめに行った耳鼻科の先生に(小学生のとき)かかりつけの先生が紹介状を書いてくれました。きっとお医者さんって、独断でいきなり行くよりも紹介状とかあった方がスムーズかもしれません。それで紹介状を渡して、年金事務所に置いてある専用の用紙に先生に書いてもらうことになります。結局は「先に年金事務所に行ってね」ということなりますね。用紙を貰いに行くためにも。かなりややこしいので、いちいち年金事務所の職員さんにしつこいくらい聞かないと、何度も年金事務所や病院を行き来しなければならなくなるので、要注意です。
書いてもらう用紙、自身で記入する用紙、戸籍謄本(やったかな・・・)とか、いろいろ必要になりますので、大変だとは思いますが、もし貰えるのなら貰っとくにこしたことはありません。
ぼちぼち頑張ってくださいね(^O^)/

No title

どなんさんこんにちわ。
そして、ぴよよさんこんにちわ。

一般の方の難聴・補聴器認識は低いですよね。と言っている私も当事者になるまで極低でした。(汗)

所で気になったのですが…
障がい者年金の申請って、一番最初にかかったA病院の領収書とか記録が必要なんですか?
私は4年位前に耳の閉塞感でA病院に掛かってから聴力が少し落ちてる事が分かりました。
そして1年前にまた違和感があってB病院で更に聴力低下が発覚して6月に補聴器デビューしたんです。
今は手帳はありませんが、もっと悪化して障がい者年金を貰うことになった時の事を考えてA病院から何か記録(カルテ?)を貰っていた方がいいのでしょうか?
領収書などはもう残っていません。

どなんさんや、ぴよよさんの今回のお話を拝見して心配になってきました。
ここにお邪魔するまで障がい者年金なんて思いつきもしませんでしたが、今後必要になるかもしれませんもんね。
(そうならないように予防を頑張るつもりですが…)

Re: No title

ぴよよさんこんにちは!
本当にねぇ。施設の職員さんが消極的ってのも、ちとなんだかなぁ…と感じずにはいられません。

ぴよよさん障害年金申請、お疲れ様でござきます!
私も初めは6級でも貰えると思っていたので笑笑、中途半端に申請手続きしかけて、今何もしてません…
確かに将来の為に初診日の病院の診断書貰っとかないと…!!!
やはり社労士さんにお願いした方がいいのですね、
自分でやってると頭ごちゃごちゃになりますもんね。

No title

遊ぶ、遊ぶ(^^)

まあ、そんなもんでしょうね、私も補聴器をつければ皆聞こえるようになるって思ってましたもん。
でも、高齢者施設の方には補聴器の特性などを知っておいて欲しいですね。

今月は障害年金の申請で大変でした。やはり難しいです。最初から社労士さんにお願いしました。京都の社労士さんです。金額が一番安かったから・・・もあるけど障害年金専門の社労士さんだったので。

どなんさんもこれから先どうなるかわからないけど、病院の領収書とか記録は残しておいた方がいいですよ。年数が経つと大変です。一番大変なのは難聴で初めて行った病院の記録です。これがないと申請できません。難聴が進みそうだったら、確認しておいた方がいいかもしれません。

コメントの投稿

非公開コメント

Comment Balloon

こんにちは!ね、懐かしいですよね〜。子供の頃よくモノマネして遊んでました。今見返してみるとちょっとエロチックですね笑。最近はあまり見かけないんです。時間帯による

10/19 19:59 どなん

ブックマーク

広告

プロフィール

どなん。

Author:どなん。

Amazon

広告

ブログ村

FCカウンター

ブロとも申請フォーム

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
心と身体
290位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
病気・症状
80位
アクセスランキングを見る>>