記事一覧

障害は見えない?見ていない?(2)

広告

こんにちは!いつもブログにお越しいただきありがとうございます!(^O^)/
昨日暖かかったと思ったら、今日は寒い京都です。晩御飯の献立は、こういう気候のときが一番決め辛い!寒かったら「鍋や~~」、暑かったら「そうめんや~」でパッと決められます。因みに今日の私の晩御飯は「せみ餃子」です。子供の頃から大好きです。せみ餃子。

では、今日の更新です。どうぞ!!

今回のテーマで記事を書こうと思ったきっかけについてですが、普段仕事をしていて共通に思い当ることがあったので。
どういうことかというと、例えば私が補聴器付けていることを説明しても、それ以上なんか相手側も踏み込んでこないシーンと、目の前に残っている仕事が山ほどあっても気付かない振りして(?)(実際にどう思ってそうしているのかは不明だが)帰ってしまうシーンと、なんだか、被って見えてしまうのです。
どういうことかというと、「見なかったことにしとこう」としてない??と、思ってない??と思ってしまうのです。
もしも、もしもそう思っているとしたら、「とっても悲しいなあ」と私は思います。
1214.jpeg

障害ってなんだろうか。
世の中にはたくさんの人間がいて、全ての人は五体満足で一生過ごせるわけではないし、見た目に「いわゆる普通の人」とは違う人だっている訳ですが・・・。勿論、そういう人たちの中にも「その部分に触れないで」と思ってらっしゃる人たちもたくさんいらっしゃるわけで、一概には言えないけれど・・・
1215.jpeg

でもやはり、それを含めての「その人」だから、と私は結局思います。
見た目だけの話ではなくて、全てを含めてその人を捉えようとするならば、やはり切っても切れない部分でしょう。
その部分を人それぞれに、どのように受け止めていくのか、ということも人によっては全然違っていて(「みんなちがって、みんないい。」って言葉ありますね。金子みすゞさんの言葉ですね。いい言葉ですね)そういうことも含めての「その人」。
1216.jpeg 
人と人が関わり合う世の中で
1217.jpeg 
何らかの反応を示すのも大切なことではないでしょうか
1218.jpeg

「なかったことにしてしまう」っていう反応が(反応って言わないか・・)
いちばんやり切れない気持ちになるときがあるんです。
自分の存在ごと空中に消えて行ってしまいそうな感じ。
1219.jpeg 
きっと、考え過ぎなんだろう、とも思いますけど
1220.jpeg

 

話が変わって、 こんなこともありました。
いつか補聴器を付けていることを皆に説明した友達に耳が聞こえないことに自分なりの冗談を交えて軽く笑ってもらおうと話していたら
1221.jpeg 
「それとこれとは全然関係ないッ!!!」と怒られてしまったことも。
なんでそこ、真面目に返してくんねん。
内心「マジレスすんなやボケッ!!」と思ってしまいましたが・・・。
1222.jpeg 
そしたら何かい、私みたいな立場やったら冗談言ったらあかんのかい、普段アンタのたいしておもろない話、笑ったってるやんけ、エッ!!コラ!!
1223.jpeg 
なんて、こちらも内心ものすごくメラメラしてしまった思い出なんかもあります。

んで、何が言いたかったかというと、「見なかったことにしよう」と、思っているとしたら、それって「私は関係ありません」って、言っているようなもんじゃないの。障害に関係することなら「デリケートな部分ですから」とでも言やあ終わってしまいそうな話題でも、これが仕事なら、どうよ、皆さん、どう思われる??
1224 (1)

仕事と一緒にしないで、と言われそうですが、私が言いたいのは「そういうスタンスってどうよ??」と言いたいのです。
基本的にスタンスがそういう人は、仕事でも「なかったことにしてしまえ」というようなこと、してませんか。
踏み込まなければ、「知らなかった」っていえばそれで済むだろう~なんて、テレビの謝罪会見みたいなこと、仕事でも、違う場でも、してない??
それって、どうよ????
全てに目を向けて関われなんて、言ってない。けど、たまたまでも居合わせたんなら、少しは関わってもいいんじゃない???

           続きます!!

今日もブログにお越しいただきありがとうございます!
にゃんこの顔をポチっと押して頂けると励みになります(^O^)/ 
ブログランキング・にほんブログ村へ

広告

コメント

Re: No title

てんさんこんにちは!
いきなりで何ですが、少しお尋ねしたいことがありまして、コメントさせて頂きました。
日頃、よくコメントを下さる「ぴよよさん」から、職場の聞こえに関する質問があり、てんさんはどのようにされているのかを伺いたいそうです。私がぴよよさんのコメントを言い換えると私流になってしまうので、詳しくはぴよよさんの最近のコメントを見て頂ければわかるとは思います。もしよろしければ、ご意見、お聞かせ下さいませ。

この機会にてんさんとぴよよさんが直接やりとりして、お互いの情報を共有するのには、いい機会かな、と思われますので。
どうぞ、よろしくお願いします。(^O^)/

Re: No title

てんさん、こんにちは!
てんさんも似たような経験がおありでしたんですね。
ってか、補聴器について触れてほしくなかったら、なにもテーブルの上にケース置かへんし!!その辺で気付いてや~~!折角のチャンスやのに~!!ってこっちは思いますよね!!てんさんのコメント読みながら「ちょっと、ちょっと!!」とツッコんでしまいました( ;∀;)
そういうのがかえってお互いに「ヤバい、気を遣わせてしもた・・・」って、なるのに~~!!
なんだか難しいですよね。でも、眼鏡なら「ちょっと見せて」とか言えるのにねえ。補聴器の社会における認知度がまだまだだから、という証拠なのでしょうかね~。そんなに大したことでもないでしょうにねえ!
どうしたらもう少し身近に感じてもらえるのか、私も試行錯誤中であります。

No title

こんにちわ。
これはあるあるな話なのでしょうか。私も似たような経験をしました。
一般の人には気づかれないようにしていますが、特定の人にはカミングアウトしています。そうしないとやり難い事ってありますもんね。
友達に補聴器デビューをLINEでカミングアウトした後で3人で食事した時。
騒がしい場所での食事だったので補聴器を外してケースに入れて、そのケースをテーブルの上に置いていたら。
友達A: てんさん、それ何?
私   : あ~。これ補聴器のケースだよ
友達A: …
友達B: … わぁ。これ以外に美味しい!

ってここから話題がお寿司に変わっていたんですが。
きっと触れてはいけない事!って気を使ってくれたんだと思うんですけど
私としてはカミングアウトしてケースを堂々とテーブルに置いておく=難聴や補聴器の事に触れても大丈夫だよ!って意思表示の一つだったんだけど。
スルーされてしばらくの間の沈黙で、「やばい!やってしまったぁ~」って気持ちになりました。
私もまだそんな時の対応が分からなくて。
これも当事者になってみないと分からない事の一つなんでしょうね。
私は、補聴器に気づいたらどんどん触れてもらっても大丈夫派ですが、触れてほしくない人もいるでしょうしね。
難しい問題ですよね。

コメントの投稿

非公開コメント

Comment Balloon

ぴよよさん、こんにちは!
犬猫動画は私もよく見ます(^O^)。動物の種類が違っても仲良しっていいですよね、私もあんなことしてみたいなぁ。犬も飼うことになればですが〜〜

12/15 13:59 どなん

ブックマーク

広告

プロフィール

どなん。

Author:どなん。

Amazon

広告

ブログ村

FCカウンター

ブロとも申請フォーム

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
心と身体
144位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
病気・症状
37位
アクセスランキングを見る>>