補聴器の付け始めは誰だってマイケルジャクソン??? - ブログ 補聴器マガジン
FC2ブログ

記事一覧

補聴器の付け始めは誰だってマイケルジャクソン???

こんにちは!いつもブログにお越しいただきありがとうございます!(^O^)/
先週行った和菓子屋さんに、今日行ってきました。すると、お店のおばちゃんが「あんた、最近、来てへんかったな。ってお父さん(旦那さんのこと)と話してたところや」と言われました。
「いやいや、先週来ましたがな」と思ず突っ込んでしまいました。
お店のおばちゃんはスルーでした。
・・・・・・。まあ、えっか!おばちゃん、今日は生菓子下さい!はいよ!ってなやりとりでした!
和菓子の生菓子(練り切りともいう)って、美味しいですね~。見た目も素敵だし。
おばちゃん、又来るわ~~~!!!私のこと、忘れんといてや!

では、今日の更新です。どうぞ!!!

先日、DVDでマイケルジャクソンの「THIS IS IT」を見ていました。
皆さん、見たことありますか?とてもいい映画ですよ!(あれは映画、と言うのか??)あ、ドキュメンタリー映画です。(←今調べた)
元々マイケルジャクソンにそんなに興味がなかったのですが、この映画で大好きになりました。「え~~っ!めっちゃ、カッコイイやん」と思ったのと、なんちゅうか、マイケルって気遣いがすごいんです。因みに、母と姉と三人で映画を見に行きましたが、三人ともハマりました。
皆さん、見たことなければ、是非、どうぞ!
1614.jpeg

久しぶりにDVDで見返していたわけですが、改めて見ると、とても興味深いシーンがありました。
場面は映画の中盤から後半にかけて。
以下、映画のシーンを文章でお送りします。

(状況):
ライブのリハーサル中。マイケルがイヤーモニターを耳に付けて歌っている。
(イヤーモニターが分からない方はネットで調べて下さい。耳に付ける補聴器のような形のやつです。)
歌っているが声が途切れ途切れである。
ちょっと困惑しているかのような表情。
耳に手を当てていて、イラつきが見られる。

マイケル、歌い終わりにステージ下のスタッフに向って話し始める。

マイケル:
「いいかな」
「返しが大きくて自分の声が聞こえない」
「これじゃ歌えない」
「意図は分かるけど」
「これの音(イヤモニのこと)に慣れていないんだ」
「怒ってないよ ”愛”なんだ(←なんだッ!このセリフはッ!!一般人には言えない・・・)」
(因みに、怒っていない、と言っていつつも表情はけっこう怖い)

スタッフの誰かのセリフ:「マイケル」

マイケル:「歌いにくい」

スタッフ:「何だって?もう一度頼む」

マイケル:
「イヤ・モニターからの音を聴くのは慣れていない」
「普通に自分の耳で聴くよう育てられたから」
「耳に拳を突っ込まれてるみたいだ」(←この表現、すごくよく分かりやすい)
「ちゃんと聞こえない」
「慣れようとはしてるけど」

スタッフ:「ミキサーにできることは?音量やミックスの調整で解決する?」

マイケル:「少し音量を下げられる?」

スタッフ:
「(誰かに)少し下げてみて」
「他に何か聴きたい音は?ヴォーカルを上げようか?」

マイケル:「いい」

スタッフ:「次の曲で不具合があったら言ってくれ」

マイケル:「分かった」

スタッフ:「それじゃ 戻ろう」

誰の台詞かは不明:「小さな経験を」

(状況):リハーサルに戻る


以上、映画の一場面でした。この後マイケルはイヤモニの調整の甲斐もあってか、徐々に順調に歌い続け、「I'll Be There」という歌を熱唱し、ワンシーンが終わる。

このシーンを見ていて、前はなんとも思わなかったけど・・・
1615.jpeg
 
マイケルの場合は補聴器ではなく、イヤモニに関してですが、この言葉のやりとり、初めて補聴器を付けた人と調整技師さんの会話のやりとりにそっくり!!じゃないですか??
マイケルの「耳に拳を突っ込まれてるみたいだ」という台詞も、すごくよく分かる。調整が云々、というよりも、裸耳で聴く音と、補聴器、もしくはイヤモニからの人工的な音との違いに戸惑う感じまでそっくり。
マイケルは「怒っていない」と言いながらも静かに怒っているように見えましたが、聞こえ一つで、感情がいとも簡単に左右されるんだな、と思い知らされるシーンでもあります。

自分も慣れるのに、思い返してみればずいぶん時間がかかったものだなあ、と。私も聞こえ辛さに、初めは色々八つ当たりしてたはず。
1613.jpeg
 
1610.jpeg
 
それでもその当時は「この気持ち悪さがずっと続くなんて、嫌!!」
って、殆ど怒っていました。

1611.jpeg
 
補聴器だろうと、イヤモニだろうと、初めはきっと、誰もが戸惑うんだと思いますよ。
それは、今になって分かることだけれど。

補聴器を、もしくは人工内耳を付け始めてまだ間もな方達がもしこのブログを読んでいらっしゃったとして、同じようなお気持ちでお過ごしされているとしたら、
「少しずつだけれど、完璧という訳にはいかないかもしれないけれど、それでも少しずつは慣れていくと思いますよ」
と、エールを送りたいです。
勿論、補聴器の技師さんにベストな調整をしていただく、自分に合った補聴器を勧めてもらうことも、とても大切ですけれど。


「すぐに完璧を求めないで、ゆっくりいこうぜ」
と思った出来事でした。
何事においても、そうですよね。
1612.jpeg 

今日もブログにお越しいただきありがとうございます!

マイケルをパクった落書き↓
写真 2017-04-19 18 28 01 

にゃんこの顔をポチっと押して頂けると励みになります!(^O^)/
ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーリンク

コメント

Re: No title

ぴよよさん、こんにちは!
マイケルをリアルアイムにちゃんと見ていなかったので、「もっと見てたらよかったわ・・・」と、映画を観て後悔しました。そりゃ、あれだけ騒がれるわ・・・と、映画を観てから納得しました。

コンサートが何度も中止になったんですね。それは知りませんでした。
確かに、なにか予感がしたのかもしれませんね。
本番でないのにマイケルの人柄が表れていてじ~~~んとしてしまいました(^O^)/

No title

こんばんは、私もみましたよ。そしてどなんさんが言っている場面は私も一番印象に残ってます。
聞きにくいんですね。

マイケルがピークの時私は中学生、すごく好きでした。テレビでもコンサートが放送されたこともありました。ポールマッカートニーとの共作の「Say Say Say」が大好きです。

マイケルは以前からコンサートをやる、といいつついつも中止になっていたので、最後のコンサートをやるって言ったときはまたか~って感じだったんですけどこの映画をみて、「ほんとにやるつもりだったんだ」と思ったことを覚えています。

結局実現できなかったですけどね。でもこういう記録を取っていて亡くなったのはなんか偶然ていうより予感があったのでしょうかね。

コメントの投稿

非公開コメント

Comment Balloon

こんにちは!お元気ですか?コメント届いてますありがとうございます!!!
鍼灸院通われているのですね!私は個人的には凄く効果あると思います。鍼灸は。子宮辺りに針を

10/12 00:22 どなん

ブックマーク

広告

プロフィール

どなん。

Author:どなん。

Amazon

広告

ブログ村

FCカウンター

ブロとも申請フォーム

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
心と身体
298位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
病気・症状
65位
アクセスランキングを見る>>