映画「Ray」を見て(1) - ブログ 補聴器マガジン
FC2ブログ

記事一覧

映画「Ray」を見て(1)

こんにちは!いつもブログにお越しいただきありがとうございます!(^O^)/
今日は朝方きつい雨が降っていたので、ズボンがけっこう濡れました。皆さんの地域も同様ですか?沖縄が梅雨入りしたようなことをニュースで言ってましたね早いですね!そうか、もうすぐ、六月にもなれば梅雨が始まるのですね~~。
洗濯物が~~~・・・・・。

では、今日の更新です。どうぞ!
皆さん、映画「Ray」を見たことはありますか?
最近読んでいたYMOの細野晴臣さんの本の中にこの映画のことが書かれていて、「そういや昔見たことあるけど、もう一回見てみるか~」と思い、こないだ見返していました。年を取ると、若い頃はなにも思わなかったシーンで何かを感じるようになたり、またまたその逆で、若い頃にはとてつもなく感動したシーンが年を取れば「なんやったんや?」と思えたりします。そういう意味でも、作品は何回か見返した方が新しい発見があって、面白いですよね。

で、肝心の映画の内容についてです。
レイ・チャールズ・ロビンソンというアメリカの黒人の盲目のピアニストの伝記映画です。「ソウルの神様」と呼ばれ、カリスマ的存在となった人物です。
1721.jpeg

レイ・チャールズは6才の頃、弟のジョージロビンソンを亡くし、その9か月後に緑内障の為に失明します。 
レイの母親が、失明してもしっかりと生きていけるように本人が盲学校に通い始めるころに、本人とこんな約束をします。

1723.jpeg

彼は黒人であると同時に障害者となり、昔でいう差別の対象になっていたわけです。そんな彼に、「強くなるのよ」と母親は教えたのでした。

レイは母親との約束を胸に、ピアニスト、ミュージシャンとして大きな成功を 納めていきますが、同時に麻薬にどっぷりと溺れていってしまうのです。
1722.jpeg

ずっと止めることができなかった麻薬ですが、その麻薬により、レイの元愛人が命を失うことになります。深い悲しみに襲われたレイは意を決し、麻薬更生施設で禁断症状に立ち向かい、やっとの思いで麻薬を断ち切ることに成功するのですが・・・

夢かうつつか判然としない状況で
レイは母親に成功した自分を見せ、「約束守ったよ」と伝えます。
彼の心の中の母親が再び現れて、彼に語りかけます。
1724.jpeg

レイは世間でいう大成功を収めてはいたものの、家族や周りの人々にそれ以上の迷惑もかけ、傷付けているのですね。

1725.jpeg

私は世間でいう大成功なんて全く手に入れていませんが、この母親のセリフが、以前はなんとも思わなかったのに、「グサッ」と心に突き刺さったのでした。

続きます!!!

↓その姿勢で寝るのは、しんどいと思うのですが・・・
写真 2017-05-13 19 27 14

今日もブログにお越しいただきありがとうございます!(^O^)/

にゃんこの顔をポチっと押して頂けると励みになります!    
ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーリンク

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

Comment Balloon

こんにちは!お元気ですか?コメント届いてますありがとうございます!!!
鍼灸院通われているのですね!私は個人的には凄く効果あると思います。鍼灸は。子宮辺りに針を

10/12 00:22 どなん

ブックマーク

広告

プロフィール

どなん。

Author:どなん。

Amazon

広告

ブログ村

FCカウンター

ブロとも申請フォーム

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
心と身体
199位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
病気・症状
42位
アクセスランキングを見る>>