記事一覧

不妊外来へ行く!人工授精トライ(2)

広告


こんにちは!いつもブログにお越しいただきありがとうございます!(^O^)/
今日も晴れですね~。どうなっちゃってんでしょう。今年は梅雨がないのかしら??
話変わって、昨日の「ハートネットハートネットTV」、皆さん、見られましたか?難聴者、聾者が集まって、普段の職場での思いのたけを皆さんが打ち明ける、という内容でした。皆、同じような苦労をされているんですね。とても勇気づけられたことと、「結局、何が、どう、不便なのかを自分から健聴者に伝えることが大切」というようなことを複数の方々が仰ってたわけですが、「それそれ!それが難しいねん!!」と一人で煩悶していました。
でも、それをしなきゃいけないんですね。
今日も職場で声の小さい職員さんに「イラッ」としてしまいましたが、その人には分からないんだから、「もっと、大きな声で喋って。その音量じゃ私には聞こえないんです」の一言が言えなくて、それでいて「なんで分かってくれないんだ」と思っていました。
これがあかんっちゅうねん!!ってわけですね。ちゃんと、言わなあかん、ということですね~。いつになったら出来るかな・・・・。


前置きが長くなりました。今日の更新です。どうぞ!!


1875.jpeg
大きな不妊外来専門のクリニックは、診察時間も長いので、働きながら通うにはとても都合が良いです。

1876.jpeg
通い始めたてのころは、「助かる~~」と思っていました。仕事に影響がなるだけないようにしたいですよね。
ところが、このことが、後々、かえって悩みの種になるのでした。
その話はまた、後日、書きます。


1877.jpeg

1878.jpeg
 
1879.jpeg

1888.jpeg

1889.jpeg
ここまでの話だと、「ええやん」と思いそうでしょう。
ところが・・・そう上手くはいかないんですね。
 
1890.jpeg
↑不妊外来に通いたての頃は、皆、そう思っているかもしれません。
「かかるべき病院に行ってるんだから、後は先生まかせでどうにかなるさ」と。

1891.jpeg 
通い始めから、人工授精に踏み切るまで、約半年かかりました。
踏み切るまで、です。ようやく、これからスタートです。


じゃあ、それまでは何をしていたんだ、ということになりますね。
詳しくは過去の記事をどうぞ↓

婦人科にて「問題はない」と言われていても、実際に蓋をあけてみれば、いろんなことがもろもろ出てきます。これは私に限ったことなので皆さんには当てはまらないと思いますが、こうなって初めて「もっと早く、不妊治療を始めていれば・・・」と後悔しました。
そりゃそうですよね。何も問題なかったら、とっくに出来てますよね~~!!

続きます!!

今日もブログにお越しいただきありがとうございます!(^O^)/

↓3歳手前にして、段ボールの爪とぎを覚えました。気に入っている様子。
写真 2017-06-14 18 39 55 

にゃんこの顔をポチっと押して頂けると励みになります!(^O^)/      
ブログランキング・にほんブログ村へ

広告

コメント

michi さんへ

michiさん、こんにちは!
michiさんの前の職場の聴覚障害者の方の話を知って、暫く怒りの感情が湧き出てしまいました。
自分からホワイトボードに書いて欲しい、と思い切った行動に出ているのに、その方の心境を慮ってあげたらいいやん!!、と。
しかも、そんなに難しいことじゃないじゃないですか。
なんだか、落ち込みますね~。

michiさんは手話をその時に勉強した、とのことですが、羨ましいです!私も近くに手話をする人がいてくれたら、教わることもできるのにな~と思ってしまいます。その方はmichiさんに、とっても感謝されていると思いますよ!私だったら、そう思います。!(^^)!

ぴよよさんも仰る様に、理解のある職場とそうでない職場の差は、大きそうですね。
「言っても無駄やし・・・」と諦めてしまう聴覚障害者の人がもっといなくなれば・・・と思いますが、そんな小さな一言も言えない自分も、なんだか小さいな~って、思ってしまいます・・・・。

ぴよよさんへ

ぴよよさん、こんにちは!
ぴよよさんも見られてたのですね、私も見たときは「そうやな~」と思いましたが、実際に、職場で言えるか、となったら「言えないわ~」と思ってしまいますね。

先日、職場の言葉が話せないおじいちゃんについて「大きな声で話しかけると笑ったり、反応したりしますよ。もしかすると、けっこう耳が聞こえにくくなっているのかも」と上司の方に報告したら、その上司の方は「はぁ~、なるほど。私は声小さいから笑ったりしてくれへんのやな~」と言って話題は終わりました。後々、「この上司の人は声を大きくしてでも、そのおじいちゃんに笑ってもらおう、とは思ってへんやろな」なんて思うと、自分の聞こえにくさの相談も、この人には言わんとこ、きっと私が聞こえにくくしている状況も分かってるやろうけど、わざわざ自分の声量を大きくしよう、とまでは思わない人だろうから・・・
なんて考えてしまいました。

身近な人ひとりに対して、小さい気遣いができなさそうな人がなんで上司やねん、なんて思ってしまったりもしましたが、それこそ私がその上司に対して、小さな気遣いをしよう、とは思えなくなっていました。なんだか、残念です。

「行っても変わらないよ」と思っている難聴者、聾者、いっぱいおられると思います。
本当に何度言っても、そういう人たちは、自分が聞こえなくならなきゃ、分からないでしょうね。
ぴよよさんがおしゃる通り、理解しようとしてくれる方、そうでない方の差がこれからもっと開いていきそうですね。

No title

こんにちは。
「ハートネットTV」私も見ていました。
実は前働いていた職場で聴覚障害者の方が1人いました。
その方は筆談してもらえるように、100円ショップで売っていた小さなホワイトボードを持っていたのですが、書いてもらえることが少なくてとても困ってる様子でした。
その方は子供の頃に耳が聞こえなくなり、手話を使う方でした。
私は手話に興味を持ち、家で少し勉強しながらその方と手話と筆談で会話するようになり仲良くなっていきました。

今でもその方とは時々会うことがあるのですが、配慮は相変わらずあまりないようです。
その方も職場には何度も配慮を訴えてきたのですが、今はあきらめているみたいです。

No title

こんばんわは、
私は泳ぎに行っていたので最後の方しか見れなかったんですけど、やはりそういう話だったんですね。最後だけでも何となくわかりました(笑)

皆に伝えればいいのに、とホントに思います。でも、言えないですね。たった自分一人のためにそこまで配慮を求めるのか、職場のやり方ができなければやめれば?と思われないか、面倒ではないかとかいろいろ考えてしまいます。

結局こういう言って良かったと思う人は配慮をしてくれたから言えるのですよね?配慮してくれなかった場合は言わなければ良かったとか思うかもしれない。
私の職場では無理だと思う。だって個人的には何度も伝えても変えてくれないのだから。結果論かなと思います。

障害者雇用をもっとしようと言っている会社はいいですけどね。
難しいです。

コメントの投稿

非公開コメント

Comment Balloon

こんにちは!ありがとうございます😊!
また生えてました、現在かかってる先生曰く「フツー、こんなに早く生えてこないけどね…」らしいです。こないだの手術で取れてなかっ

11/20 16:56 どなん

ブックマーク

広告

プロフィール

どなん。

Author:どなん。

Amazon

広告

ブログ村

FCカウンター

ブロとも申請フォーム

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
心と身体
199位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
病気・症状
60位
アクセスランキングを見る>>