FC2ブログ

記事一覧

会話のキャッチボール(1)

JUGEMテーマ:難聴

こんにちは!今日もブログにお越しいただきありがとうございます!暑いですね。今551のアイスキャンデーを食べながら文字入力してます。期間限定のミルクティー味が出ていて気になって買いました。これが美味しいんです!大きさも丁度いいし。一度お試しくださいませ。

 

日々、補聴器を使用し日常生活を送っていますが、私からして羨ましくなるシーンがあります。それは、こんなときです。

 

323.jpg

 

話し手が言葉を発し、聞き手が返事を返す。このリズムがとても早く、きれいに会話として成り立っていて健常者の方からすれば当たり前のことなんだけど、こちらは話を聞き取ろうと聞くことに集中するだけで精いっぱい。

 

324.jpg

 

325.jpg

 

私の場合、そういう訳にはなかなかいきません。大きな声で話してくれれば少しは可能ですが、だいたい話し手に徹するか、聞き手に徹するか、どっちかに陥りがちです。特に聞き手に徹するときは聞き漏らさないように注意し、且つ、聞き取れなかった言葉を後になってから会話の前後で「あ、あれは○○って言ってはったんか」と予想したり、相手の口元の動きを必死で見つめたりと、脳みその中はフル回転。気の利いた返事を返す余裕なんてこれっぽっちもありません。時々訳のわからん返事を返してしまって場をしらけさせることもしばしば。

 

326.jpg

 

大きな声で話してもらうとまあ聞こえる、とすると健常者のかたは「補聴器つけてるから聞こえてるんやな」と判断してその後だんだん声のボリュームも落ちてくる。何度も聞き返すと相手に悪いなあ、と思ったり、聞き返し過ぎる自分に劣等感を感じ、聞き返すのですら億劫になってくる。「もう、一人でいるほうが気楽やわ!」と孤立しがちになったりしてしまいます。

 

327.jpg

 

このジレンマはかなり長い間、私の脳裏から離れなかった・・・・・。続きます!

今日もブログにお越しいただきありがとうございます!

押していただけると励みになります!

 

 

 

 

Check

スポンサーリンク

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

Comment Balloon

いやいや、これから新しい生命が誕生するのにそんな先のこと考えないでください(笑)

先日はありがとうございました。何が引っかかるのでしょう?知った後の反応が怖い・

08/14 20:19 ぴよよ

ブックマーク

広告

プロフィール

どなん。

Author:どなん。

Amazon

広告

ブログ村

FCカウンター

ブロとも申請フォーム

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
心と身体
66位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
病気・症状
12位
アクセスランキングを見る>>