最新補聴器を買う!(3) WIDEX U4-CIC-M - ブログ 補聴器マガジン
FC2ブログ

記事一覧

最新補聴器を買う!(3) WIDEX U4-CIC-M

こんにちは!どなんです。今日もブログにお越しいただきありがとうございます!前回の続きです。

大学病院の女医さんの隣に座っていたHさんは大学病院から呼ばれてきている補聴器技能者の方だったのです。大学病院へ通っているうちに、先生から「補聴器を作った方がいい」と言われるようになっていきます。

344.jpg


補聴器を使われている方(私もそうですが)にとっては失礼な言い方になるかもしれませんが、そう言われたときの正直な感想は「そんなカッコ悪いもの、絶対使いたくない!そんなものなくても暮らしていける!」でした。今でこそ補聴器を堂々とつけて生活されている方々をよく見かけるようになりましたが、その当時はあまり補聴器を付けたり、車いすに乗ったり、そういった補助具をつけている人々をあまり見かけませんでした。そして、「自分が補聴器をつけるようになる」という事実が受け入れられなかった、というのが一番大きな原因だと思います。どうしてもそこはなかなか簡単にすんなりと入っていけなかった。

345.jpg

「そんなものなくっても生活していける!」と強がっていましたが、それもそのはずで、私は生まれてこのかた、補聴器をまだつけたことは一度もないので、その状態でずっと生活してきています。それを続けてきているのなら、多少不便を感じても「これからもそのままで生活していける!」とは思ってしまうものだと思います。それに加え、私は自分で”耳がきこえにくい”とは思ってませんでした。

346.png

皆から「耳、悪いね」とよく言われましたが、実感はありませんでした。何故なら耳が正常に聞こえる人の聴力と、私の聴力は、私が聞き比べ出来るものではありません。私にとってはこの今の状態が「普通」なのです。いきなり聴力が落ちたのなら分かりますが、ずっとそれで生活してきているので、「そうなんや。そうかなあ」と思う程度。実感が沸かないのです。どれだけ言われても。

347.jpg

「補聴器なんか必要ない!」と一人反発していましたが、大人の人たちからすれば”補聴器が必要な状態である”と判断したから病院にも補聴器技能者のHさんも呼ばれているわけで、私が反発したところでなんの効力もありません。着々と補聴器を作ろうという話は進んでいきました。

348.jpg

Hさんは、私の気持ちをおそらくとてもよく理解してくれていたのだと思います。「出来るだけ目立たないの作るから、取り合えず使ってみて」と恰好を気にしていることに配慮してくれたのでした。

349.jpg

そしてあれよあれよという間に私にとって初めての補聴器が完成しました。WIDEXのCIC。機種の名前は忘れました。確かに、かなり小さい、小指の先程の大きさでした。その当時の値段で確か24万円程。そのときにHさんが「補聴器が高ければよく聞こえる訳ではない。安くても本人に合っていてばそれでいい」というようなことを言っていたのを覚えています。その頃にはもっと高い補聴器があったのでしょうか。今となっては分かりませんが。きっとあったからこそそういう台詞が出たのだと思います。

350.jpg

Hさんから「つけてみて」と完成した補聴器を渡されました。

351.jpg

恐る恐る、耳の中に入れていきます。初めはいきなりボリュームが上がった感じになるので「うるさいなあ」と思いましたが、それは普段それ程私の聴力では入るべき音が入っても「聞こえていない」ということを表すのです。すぐにうるさい印象は消えていきました。

352.jpg

そして、初めて私の耳に「ピチチチチ」という鳥のさえずりが聞こえました。

                                                    続きます!

今日もブログにお越しいただきありがとうございます!

ポチっと押していただけると励みになります!↓













スポンサーリンク

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

Comment Balloon

こんにちは!お元気ですか?コメント届いてますありがとうございます!!!
鍼灸院通われているのですね!私は個人的には凄く効果あると思います。鍼灸は。子宮辺りに針を

10/12 00:22 どなん

ブックマーク

広告

プロフィール

どなん。

Author:どなん。

Amazon

広告

ブログ村

FCカウンター

ブロとも申請フォーム

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
心と身体
298位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
病気・症状
65位
アクセスランキングを見る>>